本文へスキップ

技術を身につけ安全登山を目指しましょう!
           埼玉県勤労者山岳連盟登山学校

登山ウェアについてShoes

1.登山靴の履き方 2.登山靴について 3.ウェアについて 靴の履登山き方

個別科目−−ウェアについて


登山時のウェアはレイヤード(重ね着)が基本です。


ベースレイヤ−(アンダーウェア)

ミッドレイヤー(中間着)

アウターレイヤー(アウターウェア)


3層のレイヤー構成に用途を分けて
全体の服装を検討します。


行動中・休憩中など場面により
着脱をすることで体温を調整し発汗を防ぎます。

3層と言っても3枚で対応する事では無く

ミッドレイヤーとして2枚重ねる等臨機応変な対応が必要です。

登りや下り、気温、湿度など状況に合わせて
着脱を行うことが重要です。

アウターウェアもザックの直ぐに取り出せる位置に収納し

休憩時等まめに着用することも大切です



夏の暑い時期のウェアは注意が必要!

低山ハイク時は山でも暑いことが多く半袖Tシャツ1枚で山行を
されているのを良く見かけますが、虫さされやヤブや木の枝での
受傷を防ぐ為には長袖の着用をお薦めします。

また高山では、平地で気温が高く暑いときでもかなり気温や体感温度が
低いことが多々有ります。

標高が100M高くなると気温が0.6℃下がると言われてます。

風速1M毎に体感温度は1℃位低く感じます。

山の位置でも気温が違います。
北に100q移動すると緯度の差で気温が
0.8℃低下します。


例えば北に1000q標高1500mの山に行く場合
出発地との気温差は緯度の違いで8℃
標高の違いで9℃合わせて17℃の違いを見込んでウェアも準備が必要です。
   
レインウェア
pレインウェアは山では必需品です。

コンビニなどにあるビニール製のレインコートやポンチョ型の物も有りますが、
山では上下が分かれたセパレート型の物がお薦めです。

ジャケットは防風着としてのアウターにも代用できます。


素材はゴアテックスの物がお薦めですが、最近は各社新しい素材の製品も多く発売してます。


多少値が張っても良い物を選びましょう。


埼玉県勤労者山岳連盟

〒330-0063
 埼玉県さいたま市浦和区
 高砂4-1-5ふじビル2階

2017年2月24日
埼玉県勤労者山岳連盟 ホームページ