本文へスキップ

登山・ハイキングをスポーツリクリエーションとして広く普及・発展させる目的で活動する Saitama Workers' AlpineFederation

新特別基金

新特別基金  

 日本勤労者山岳連盟 新特別基金とは

日本勤労者山岳連盟(労山)が、遭難対策事業の一環として、「新特別基金」を設定しています。「新特別基金」は、所属会員が山行中の事故により多大な経済的負担を被ったとき、会員相互の互助精神に基づいて、その負担を軽減し、併せて働くものの立場に立った正しい登山の発展に資することを目的としています。

新特別基金は、労山会員の寄付金で運営される遭難対策のための互助制度です。

新特別基金は、労山会員の寄付によって運営する、会員のための山岳遭難救済制度です。救助・捜索やケガ、急病などの登山中の事故を救済対象とします。

新特別基金の運営は、全国連盟理事会が選出し総会で承認を受けた新特別基金運営委員によって構成される「新特別基金制度運営委員会(「以下運営委員会」の略称)」が行います。

新特別基金は、労山(日本勤労者山岳連盟)の会員であれば、誰でもいつでも加入できます。
加入手続きは、各会・クラブの新特別基金の担当者が新特別基金運営委員会宛に行います。交付などの諸手続きも、会員の所属する各会・クラブと運営委員会とで行われます。

労山新特別基金の詳しい規定および案内は日本勤労者山岳連盟のホームページをご覧ください。

  


埼玉県勤労者山岳連盟

埼玉県勤労者山岳連盟

更新日 2015年6月19日
〒330-0063
さいたま市浦和区高砂4-1-5ふじビル2階




現在の閲覧者数: